剣道を習うと体も心も強くなれる|必要な防具の選び方

スポーツ

特別な道具が必要

面

剣道には防具の面、胴、小手に加え、剣道着や竹刀、それから鍔といった専用の道具が必要となります。特に胴は値段の高いものもあるので予算を考えながら購入すると良いでしょう。竹刀と鍔は使用者の実力にも影響を及ぼすのでしっかりと選ぶ必要があります。

もっと読む

安さ重視

後ろ姿

とにかく安く剣道の道具を買いたいのであれば、ネットオークションを利用するのがいいかもしれません。ネット通販よりも安く一式揃えることができます。オークションでは剣道経験者の方が良い品物を見分けることができるので、剣道初心者よりも有利に落札することができます。

もっと読む

長く使える

剣道

剣道の防具は丈夫で、衝撃から自分の体を守るようにできています。高価な物が多いですが一度買うと長く使うことができて、愛着もわいてきます。長く使っているとそのうちガタがきてしまうので、時には修理することも必要となります。

もっと読む

日本の武道

試合

日本武道の一種

剣道は日本の伝統的なスポーツです。剣道を行う際は防具が必要となります。防具は全部で5つあり、面・小手(2個)・胴・たれ、に分かれます。作成方法には「手刺し」という手縫いのものと、「ミシン刺し」という機械で縫ったものがあり、手刺しの方が高級で使用感も断然良いです。剣道の防具には縫い目の細かさにも種類があり、細かいと見栄えは良いですが、大きいと柔軟性や衝撃吸収性が良いという、それぞれのメリットがあります。防具を着用するとたくさん汗をかく事が多いため、においが気になる事があります。使用後には毎回、必ず汗を拭き取り、しっかり干しておきましょう。その他に洗える部位はこまめに洗濯しておくと清潔に保たれます。

武道の道具の扱い方

剣道の防具を修理する際は、修理代がかなり高くなります。ですから出来る範囲の修理は自分で行いたいものです。面の紐の付け替えや、ちょっとした色落ちだと簡単に出来ます。小手の内側の革が破れた用に、自分で修繕できるキットも販売されていますので活用しましょう。剣道の防具をしまう方法にも決まりがあり、それに従い手順通りに行うと綺麗にスムーズにしまう事ができますので、毎回使うごとに習慣づけて行うのが大切です。また、防具の下に着用する袴ですが、折り目にそってきちんとたたんでおくと、いつまでも綺麗な型のまま保たれて気持ちよく着る事ができます。たたみ方は剣道用品のインターネットサイトや動画などで確認する事ができます。